一戸建て賃貸の経営リスクとは

一戸建て賃貸は、大家にも入居者にもメリットが多いと言われていますが、もちろんリスクもあります。

賃貸物件は、どのような形態であっても、入居者が居なければその間の収入はゼロになります。

泉大津の新築一戸建てに関する情報が閲覧できます。

住宅ローンを完済していたり、ローンを組んでいない場合は資金回収に問題はありませんが、家賃収入を物件のローン返済に充てている場合は、空室中の返済計画を見直さなければなりません。



また、物件が空室でも維持と管理の費用は発生します。

さらに、建物と土地には毎年、固定資産税がかかります。

建物は時間とともに劣化していき、住宅設備の多くは耐久年数が十数年ほどとされているので、故障や素材の劣化、性能・機能の低下による交換や修繕に費用がかかります。

建物が古くなると、一戸建て物件としての魅力が減少したり、周辺環境の変化や物件の供給数の変化による賃貸相場の変動によって家賃を減額しなければならなくなることも考えられます。


その他にも、入居者による家賃滞納、騒音やゴミ出しなど近隣トラブル、退去時など、入居者とのトラブルが発生する可能性もありますし、地震、台風、水害などで建物に被害が出るなどのリスクもあります。



修理の場合は費用がかかったり、被害内容によっては賃貸物件として維持できなくなってしまうケースもあります。

一戸建て賃貸経営は、様々なリスクがあることをしっかりと理解した上で、予定外のトラブルなどに対しての心構えを持ち、対処できるように常に対策を考えておく、リスクを軽減できるように行動しておくことが大切です。